• 会社でのストレスチェックを受けましょう

    会社員の人は、会社での人間関係などが良好でない場合、ストレスを感じて、うつ病などになってしまう可能性もあります。

    未然に精神的な病にならないように、事業者に義務付けられているのがストレスチェックです。
    精神的な病は、自覚できないこともあります。

    常日頃から過酷な環境で働いており、上司からのパワハラに近い対応を受けても、当たり前のことだと思っている人もいます。しかし、ストレスはどんどん蓄積されますので、気づいた時には、手遅れになってしまうことも多いです。

    ストレスチェックのクチコミ評価が高いです。

    会社の衛生委員会が主にトレスチェックをしますが、結果については、会社に報告する義務はありません。

    ストレスを抱えているという結果になりましたら、産業医などのケアを受けます。



    うつ病にならないような予防方法などを教えてもらうのです。



    多くの会社員は、ご自身が精神的な病を抱えていることを会社に知られたくないはずです。

    ストレスチェックで異常が見つかりましても、会社に知られてしまうと、昇進に影響が生ずる、周囲からの自分を見る目が変わるなどと考えているようです。身体的な疲れは、睡眠をしっかりとることや、身体を休息させれば回復できますが、精神的な疲れは、そもそも睡眠不足を招いたり、いくら休んでも悩み事を解決することができない場合が多いです。


    基本的には、人間関係に問題がありますので、自分自身だけでなく、相手も変わらなければ、解決できないのです。
    ストレスチェックは、正直な気持ちで受けること、結果を見て、しっかり対処することが大切です。