• ストレスチェックは自社でも業者委託でも大丈夫です

    義務化されたストレスチェックを行う会社が多いですが、自社で行う場合や外部の業者に委託することもできます。

    ストレスチェック情報サイトを使用する機会が増えています。

    それぞれメリットやデメリットがあるため、会社の方針により決定すると良いでしょう。
    自社でストレスチェックを行うには、まず初めに誰が行うのかを取り決めて従業員にきちんと説明する必要があります。
    検査を行う期間をある程度決めておくと結果をまとめやすいです。厚生労働省が発行しているチェック表を利用すれば費用が抑えられ、コストがかからないというメリットがあります。半面ストレスチェックは始まったばかりの制度であり、詳しい知識を持つ人が少ないという現実があります。



    その中で適切に行えるのか、スムーズに進めておけるのかという懸念もあります。
    一部の従業員に負担がかかることもあり、検査員は慎重に選ぶことが大切です。



    ストレスチェック外部の業者に委託すると、専門のスタッフが検査の他に対策のアドバイスまで行います。
    産業医への連絡まで全て行うので全てを任せられます。

    会社の環境改善が必要な場合でも、専門家のアドバイスでよりスピーディに効果的な対策が行えます。


    一方で委託費などの費用がかかります。

    会社の経営上費用が支払えるのか、またどこの業者にするのかなどを決める手間が必要です。

    メリットとデメリット、そして会社の意向を踏まえて一部を業者に委託することも可能です。
    ストレスチェックの実施だけをお願いしたり、検査後の医師の面談だけを委託するなど色々な利用方法があります。