• ストレスチェックの目的

    ストレスチェックという制度が義務化されています。
    全ての会社ではなく職員が50名以上と定められています。

    ストレスチェックに有効なサイトの紹介です。

    また取り入れたいという希望があれば50名に満たない会社でも実施されています。



    義務化された経緯は仕事上の責任や人間関係によるストレスによって、心身ともに健康面にへの影響が多くなっていることからです。

    ストレスによる休職や退職、労災も増えています。職員それぞれがどの程度のストレスを抱えているのかを把握して、職場の環境を改善させたり必要な者にはケアを行う事が目的です。

    ストレスチェックではいくつかの項目に分かれた質問が行われます。
    仕事上での負担がないか、同僚や上司との関係や支援があるかなどです。人によっては答えにくいと感じる事がありますが、その結果は守られているので安心です。職員が少なければ少ないほど、ストレスチェックの結果によってはその個人が特定されやすい状態になります。
    プライバシーを保つためにも、一人一人に同意を得てから開始されます。

    その年の結果だけではなく、数年間保管して分析結果を比較するようにします。

    結果を踏まえて、会社では環境を改善させるための対策を考えて実施しなければなりません。



    具体的には就業時間や仕事の進め方の見直し、人間関係の確認や会社のレイアウトの変更など様々です。


    高ストレス者の本意に反する対応をしてはいけない事になっているので心配する必要はありません。


    職員が働きやすく、更に意欲が向上するような対策が必要となります。